Monthly Archives: 11月 2009

再就職をめざす子持ち主婦の皆さん、公務員はどうですか?

0
Filed under 地方上級公務員試験

タイトルどおりです。

たった2箇所しか受けたことないですが。

(注)この先は私個人の主観がほとんどです。

理由は、

1.年齢制限、勤続年数さえ満たしていれば受験できる。
(→受験した自治体は書類選考がありませんでした。
なので、多少ブランクがあっても、結婚していても、子供がいても筆記試験は受けれます。
家族のことを書く欄がもともとありませんでしたし。)

2.受験料がタダ。
(→ビンボー主婦にはありがたかった)

3.何回でも受験できる。
(→筆記試験に落ちても、年齢条件さえ満たしていれば来年も受けれるなんて、ラッキー)

4.表向きは家族構成が面接評価を左右しない。
(→民間でもそうですが、面接で家族のことをあれこれ詮索してはいけないことになってます。
公務員試験では特にそのあたりを守ろうとする姿勢がうかがえました。
とはいえ、私は自ら暴露しました)

5.筆記試験は勉強すれば、受かる。勉強しなくても受かる・・・ところもある。
通れば面接のチャンスがもれなくついてくる。
(→面接のチャンスは大きいと思います。話せばわかることもありますから)

6.中堅以上の民間企業と比べると、面接は楽だと思う。
(→楽でした。志望動機、経歴、やってみたいこと、さえそこそこ用意しておけばいいんじゃないかとおもいます。)

7.集団討論も会社の会議と比べたら楽だと思う。
(→ただの試験です。経費や影響度などあまり考えなくていいですから。)

8.男女差別がない、ひょっとしたら女性に有利?
(→全受験生に対して女性受験者は見た感じ、A県10分の1、B市7分の1といったところ、
集団討論などでは目立てます。
さて、現在、女性管理職の少なさが問題になっています。県や市でも例外ではないでしょう。
ということは・・・どうなんでしょう。

9.主婦の感性が活かせる
(→実際生活してみてここがこうだったら・・・と思うことを、「やってみたいこと」に絡めて話せます。)

10.転勤がない自治体がある!
(→合格A県では、子持ち主婦、民間経験者は自宅から通える範囲での勤務になるそうで、
そんな自治体もありますよ)

難しい、倍率すごいから、無理!と受験を敬遠される人が多いですが、

もったいない!です。

「難しいよ、軽い気持ちで受けても受からないよ」は真に受けてはいけません。

倍率なんて数字ほどたいしたことないなぁ、が実感です。

(もっとも新卒採用枠は難しいです。)

さあ、再就職をめざす主婦の皆さん、記念受験しちゃいましょう。

B市役所最終試験に残りました

0
Filed under 地方上級公務員試験

ただ流れていくままにB市役所最終試験に残りました。

最終試験は面接とプレゼンです。

プレゼンが前職の主業務のひとつで、

新人さんにも教えていたのですが、

通用するかは・・・疑問です。